返回列表 回復 發帖

dolcegabbanasale.asia-ドルチェ&ガッバーナ17391186

#49 「2度目の終わり」 
『一路が気付いたみたいよ』 その声で、うとうとしていた主(あるじ)が背筋を伸ばした。ドルチェ&ガッバーナ 店舗
『そうか』 落ち着いた様子で、椅子に座りなおしている。 窓の外は暗い。家がほとんどないエリアらしく、明かりもあまり見えない。
 予定通り、午後6時28分発の特急に乗り込んだ。 私と同じように忠誠を誓った鳥たちが、3手に別れて後につく。
 あの犬っころの監視を黄色い鳥が。今乗っている電車のすぐ上を白い鳥が。その間を、黒い鳥が。 変わった動きがあれば、鳥たちが中継して伝えてくる。ドルチェ&ガッバーナ 時計
『百井、明日まで持つか?』『いえ、おそらくは……明日になるあたりで終わります』『わかった』 簡素な返事の中に、どこか労わるような優しさを感じる。それに、魂が震える。 人の不幸が自分の生きるエネルギーであったはずなのに、主を襲う数々の苦難は私に力を与えることがなかった。彼に降りかかる試練は、私にとって喜びではなく、悲しみだ。 彼が生まれ変わった姿を見た時の衝撃を思い出す。 強くて容赦なくて、でも優しくて弱くて、すべてを捧げて仕えたい、そして守りたいと思った。 陰に潜み、そっと見守った。時にはあの女と熱い愛を交わす姿に、嫉妬で身悶えることもあった。 しかし主は私に気がついた。決して誰にも気がつかれない私に。この世にそんな男は他にいない。特別な1人。それだけで、充分だった。 仕えると誓った日から、必死で自分の力を鍛えてきた。 これまで、ただ自分の醜い顔を隠し、人間の心をもてあそぶことにしか使ってこなかった力。http://www.dolcegabbanasale.asia 小さな雛は、そっと主の持つカバンの中で息を潜めている。 私は、そこかしこにできる主の小さな影に潜む。まるで抱かれているような感覚にうっとりとしながら、長い命の最後の時間を過ごしている。ドルチェ&ガッバーナ 主がまた、自分を襲った理不尽な悪夢に怯え、廊下に倒れこんだあの日。 自分を救う新たな光に気がついた。ドルチェ&ガッバーナ それは、今カバンの中に潜んでいる小さな雛鳥。主に名を与えられ、生まれてすぐに自分が仕えるべき相手を知っていた、幸福な新しい命。ドルチェ&ガッバーナ ドルチェ&ガ 誰にも送れないと思っていた心の声を、受け取る者がいるのだと、とうとう気がついた。 自分に仕える者とならば、声をやりとりできる。それが、主に与えられた特別な力。 人間になるために一番の障害となる自身の兄の動きを封じる為に、この家に集まった鳥たちを自らに仕えさせることを決めた。
Related articles:

  
   http://www.ipet99.com/forum.php?mod=viewthread&tid=4084279
  
   http://www.sdzzjx.com/E_ReadNews.asp?NewsID=153
  
   http://www.nmjakj.com/review.asp?NewsID=154
返回列表